感情の癒しは、大切な任務

 

 

このブログを始めようと思ったとき

 

わたしが書いている別のブログで

「スターシードアンケート」の

協力をお願いしました。

 


 

”地球に暮らして

大変だったこと”

を教えてください!

 

 

 

たくさんの回答をいただきました。

 


 

本当にありがとうございます。

 


いくつかの記事に分けて

アンケートのお答えに

コメントさせていただきますね。

 


今日は

 


“感情”について

 


多くの方が、地球で感じる

マイナスの感情について書かれていました。

 

 

 

 

・前後関係なく、急に無性にさみしさに襲われる。その時々で癒しても、何度もこの波が来るので、どうしたら癒せるかわからない。

 


・自分の中の闇だけでなく、人の闇も地球の闇も受ける。何に対して怒っているのかわからないくらい怒りのエネルギーだった時もありました。

 


・ネガティブな感情がとても苦手です。

 

 

 

 

スターシード共通の

「3次元世界に置いていかれた」「体に閉じ込められてしまった」「愛するスターファミリーと離れてしまった」ような感覚が

「寂しい」という感情として突然やってきます。

 

怒り、悲しみとして感じる人もいます。

 

 


わたしたちは

すべてがひとつである

ワンネス(一元)の世界から

3次元に降りてきて、

分離(二元)を経験しました。

 


そのときの衝撃が、

意識の奥深くに刻まれ

とても深い傷になっていたのです。

 

個人的な感情かと思いきや、

人類全員の集合意識に

刻まれた痛みです。

 


この傷は過去数年間、

すごい速さで癒されていっています。

 

どのように癒されるかというと、

私たちひとりひとりが

すべての感情を

受け止めて、感じ尽くすことです。

 


Aさんが涙を流し、ハートを解放する…

次にBさんが…と

見えないところで

順番に集合意識を浄化しています。

 

人類全体の意識を

協力してクリアリングしていますので、

 

個人の心を何度癒しても、

またしばらくすると寂しさが

やって来るわけですね。

 

 

f:id:miwatime0426:20220919151538j:image


繰り返すマイナス感情を癒すコツは

 

マイナス感情を「ダメ」と思わないことです。

 

実は、マイナス感情そのものが

つらいのではなく、

マイナス感情を「ダメ」と思う氣持ちが

わたしたちをつらくさせています。

 


「波が来たなあ」

と客観的にみて、感じて流します。

 


この繰り返しで、

 

わたしたちの集合意識は

スピーディーに浄化され、

プラスに傾いていっていきます

(今この瞬間もそれは起こっています。)

 


集合意識が癒されると

わたしたちの感情も

さらにプラスを感じやすくなる…

という相互作用がありますね。

 


自分自身の感情を受け止めることが、

人類全体の癒しを手伝っていると思えば、

ラクになりませんか?

 

実はこれがスターシードの

大切な任務の一つでもあります。

(別の記事でお話できればと思います。)

 

 

 

まとめると

 

ワンネスから分離した痛みが

集合意識に刻まれ、わたしたちそれぞれの

マイナス感情として感じられます。

 

その感情をただ受け止め感じることで

集合意識はクリアリングされ

わたしたちの波動も上がります。

 

そして

地球全体の次元上昇を促します。

 

スターシードたちの感情の浄化は

見えないところで

地球の平和につながっているのです。

 

 

どこに帰ればいいの



どこに帰ればいいの Silver Moon

思い出せない

Lindberg “Silver Moon”

 

午前10時

駅のホームで

あなたは空を見上げて泣いていた

 

学校に行きたくない

家にも戻れない

話せる友達もいない

 

 

「どこに帰ればいいの」

 

ものごころついた時からあなたは

どこに行っても

“扱いにくい”

“ちょっと変わった”

子だった

 

どうしたら

扱いやすい普通の子になれるのか

さっぱりわからなかった

 

 

きっとここじゃないんだ

日本という社会が

窮屈すぎるんだ

 

そう思ったあなたは

両親を説得して

海外に飛んだ

 

その国では

自由を感じた

ありのままのあなたを

受け入れてくれる感じがした

 

あなたは日本語よりも

英語が得意になり

 

明るく健康になり

大学を卒業し

仕事も見つけ

友達をいっぱいつくり

恋をたくさんして

好きな人と結婚して

 

大好きだよと言い合っても

 

あなたの問いかけは

変わらなかった

 

 

「どこに帰ればいいの」

 

 

その答えが見つかるまで

どこにいても

誰といても

 

 

 

あなたはいつも

ひとりだった

 

 

 

f:id:miwatime0426:20220918210655j:image

 

 

だって、あなたは

まだ思い出していなかった

 

「ここに帰って来るんだよ」と

遥か遠くから

すぐそばから

いつも呼ばれていたことに

 

 

あなたはスターシード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはスターシード

「生まれるぞ!」と声がして

白く眩しく、丸い光が見えた。

 


あなたは、その小さな体をふりしぼり

大きな声で

最初の空気を吐き出した。

 


おぎゃ〜!

 


”ラ”の音、宇宙の音を

到着のお知らせのように響かせた。

 


次にあなたは、最初の空気を吸い込んで

 


その瞬間の星と月と太陽の配置が決める、

天地のエネルギーを

呼吸と共にインプットした。

 


数万年に一度しか訪れないその配置

ホロスコープ)が

あなたの”興味、才能、魅力”を示す。

 


逆に言えば

その”興味、才能、魅力”を望んだから

あなたは、その日、その時間、その場所を

選んでやってきた。

 


すべてプラン通りだ。

 


その”興味、才能、魅力”はあなたが

その体で

”地球最後の大仕事”

をするためのツールだ。

 

 

 

家に連れ帰られ、すやすや眠る

あなたを眺めている周りの人々

親、兄弟姉妹、親族たちもまた

それぞれの”興味、才能、魅力”を持っている。

 


その顔ぶれと組み合わせは

あなたが”地球最後の大仕事”をこなすために

最善であり最高の設定だ。

 


あなたが生まれ落ちた

地理的・物理的環境も

最善であり最高の設定だ。

 

 

 

あなたは知っていた。

 


”地球最後の大仕事”を終えるために

必要なものは全部与えられて

そこにいることを。

 

 

 

 


あなたは覚えていた。

他の体で

何回も、何回も、経験した地球の日々を。

 


善も悪も

男も女も

幸せも孤独も

繋がりも隔たりも

貢献も犠牲も

豊かさも貧困も

調和も戦いも

 

 

 

人類の可能性として用意された

あらゆるパターンと感情を

味わい尽くし、生き尽くし、

 


数万年、数千万年、数億年の時間(とき)のなかで

 


それでも、今またこの惑星に

自らの意志と

大いなる采配に

はこばれて、

あらわれたのは

 


まだ一つだけ

たった一つだけ

 


終わらせていないことがあるから

 

 

 

 

 

 

”地球最後の大仕事”

 

 

 

 


壮大な喜びと誇りを胸に

おまもりのように携えて

あなたはやってきた

 

 

 

あなたの”本当のふるさと”

あの星の

光とメッセージを携えて

 


”星の種”を地上に植えるため

あなたはやってきた

 


愛おしいこの惑星を

愛の星に戻すため

 


あなたはここにいる

 


そう、あなたは

スターシード

 

f:id:miwatime0426:20220915111128j:image